東京の奥多摩町とか千葉や神奈川県三浦半島それに沖縄の古民家賃貸の田舎暮らし格安物件と仕事探し

そんな折、千葉のこの古民家物件は格安物件ですよと奨められて、購入するにせよ、賃貸で借りるにせよ、定義の定まらない千葉の古民家物件の安い高いはユーザーが自己責任で判断するしかない。通常田舎暮らしの古民家と聞けば、高額に思えますが、木造一戸建てでちょっと古い中古住宅であれば古民家と称している昨今は、古民家というブランド名も眉唾ものになりつつある。こうなってくると本物の古民家の名称を新たに作るしかない。古民家物件の新名称が出来たら、田舎暮らし格安物件を見る目も養われ、売買や賃貸の取引もスムーズにいく。千葉の古民家とか・・・。沖縄の古民家とか・・・。そして千葉や沖縄の田舎暮らし物件を格安で決めた後、千葉でも沖縄でも仕事という飯の種を探す事になる。勤めの仕事、自宅で出来る仕事、山仕事、畑仕事等々千葉や沖縄の田舎にも仕事はある。

「スポンサーリンク」



2012年10月24日水曜日

古民家物件を解約し物置+ブルーシートのテントでの田舎暮らし

古民家物件の賃貸を解約し、物置+ブルーシートのテントでの田舎暮らしが始まった。
ブルーシートのテントは、格安物件の竹林に張った。
古民家物件の賃貸では、電力エネルギーをフル活用し、便利な生活だった。
これからは、できる限り電気代を節約するため、枯れた竹をバーベキューコンロで燃やすことにした。
トイレは、バイオトイレをこれから作る。
郵便ポストもこれから作る。
風呂は、ドラムカン風呂にする予定だが、ドラムカンの購入先を調査中。
水は、雨水を貯めて利用。
古民家物件での便利な生活が懐かしいが、お金が無いので仕方が無い。

0 件のコメント:

コメントを投稿